競馬の馬主

競馬の馬主というのは、馬を持っている人のことをいいますが、競馬の競走馬の馬主になるためにはお金も必要ですが色々とクリアしなければいけないことがあります。競馬の馬主になるためには、それぞれの競馬主催者が、馬主登録をしていますから、その登録をする必要があります。中央競馬と、地方競馬の両方の馬主になっている人も中にはいますから、この場合にはそれぞれに馬主登録をしなければいけないのです。競馬のレースで馬主が自分の馬が8着以内に入った場合には賞金を受け取ることが出来るのですが、この賞金は100%馬主のところに入ってくるのではなくて、10%は調教師へ渡り、騎手や厩務員には5%ずつ持っていかれて、残った80%が競馬の競走馬の馬主の分け前ということになっています。自分が持っていることを目的に競馬の競走馬を育てる人のことをオーナーブリーダーと呼んでいます。馬主といっても、お金を出している人だけでなく育てて所有している人もいるのです。
競馬の馬主は色々な種類があり、個人の馬主もいれば、法人の馬主もいますし、組合馬主などもいますから色々です。競馬の馬主として登録する場合には中央競馬の馬主になる場合は日本中央競馬会を通じて申請しなければいけません。登録できない人もいて、禁固以上の刑をうけたことがある人や、成年被後見人や破産者で複権を得られていない人などは、競馬の馬主になることが出来ません。条件は色々と細かいですから該当するか確かめたうえで馬主を目指しましょう。
posted by 競馬本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32321376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック